高齢者施設などの第三者評価 保育園などの第三者評価 幼稚園評価 保育士自己評価 保育園の保護者アンケート




株式会社学研データサービスは、平成26年6月12日、個人情報保護の第三者認証であるプライバシーマークの認定を取得しました。これからも個人情報保護方針を礎に、「個人情報保護マネジメントシステム」を運用し、個人情報の適切な管理を心がけて参ります。

学研データサービスの第三者評価の信条と方針

信 条
私たち学研データサービスは、安心と信頼を第一に、公正・中立な第三者評価を通じて、福祉サービスの質の向上に貢献します。

方 針
  1. 1.施設の経営層の皆様に向けて
    理念の実現や目標達成に近づくための気づきが得られるように、評価のプロセスにていねいに関わり、施設の良い点、力を入れている取り組みを可視化する評価をします。
  2. 2.職員の皆様に向けて
    自信とやる気につながるように、日々の努力や取り組みをくみ上げる評価をします。
  3. 3.利用者様に向けて
    評価結果報告書を通じて、施設をより深く理解することができ、かつ施設の選択時に役立つ情報を提供します。
 
保育所などの社会福祉事業者が提供するサービスの質を、公正中立な第三者の立場で専門的かつ客観的に評価を行うのが第三者評価です。
評価は都道府県ごとに認証された評価機関が行います。
なお、弊社は東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・群馬県において認証された評価機関となっています。

実際の評価にあたっては、複数以上の評価調査者が施設を訪問して行います。この評価調査者については、都道府県ごとに行われる専門研修を受講し、基準以上の条件を満たして認証を取得した人が行うことになっています。
さらに、評価調査者は、児童分野、高齢分野、障がい分野というように、それぞれに専門知識や経験をもち、守秘義務を遵守することが定められています。
また、福祉サービス第三者評価は、平成16年5月の厚生労働省発通知以後、より本格的に推進されてきました。都道府県によってこの度合いは異なりますが、東京都の保育所などのように、受審することが実質上の義務となっているケースもあります。PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルの確立に有効な手立てとして認められてきていますので、全国的にますます展開されていくでしょう。
第三者評価を実施することによって、さまざまな気づきが得られます。このことは、より良い施設運営に結びつく、価値ある発見になると信じております。

学研データサービスは、児童分野・高齢分野・障がい分野などさまざまな分野に対応しています。

福祉サービス第三者評価を受けるとこんな効果があります

  • 地域から信頼されます
    地域に開かれた保育所として信頼を得ることができます。
  • 職員の意識がかわります
    より良い保育をめざし、向上する気持ちを増進できます。
  • 保護者に喜ばれます
    子どもの視点に立ち、“新たな気づき”の基に改善が図れます。

雑誌掲載
推薦の言葉
読売ウイークリー 2007年4月号掲載
読売ウイークリー 2007年4月号掲載 子どもたちの明るい未来のため、育児環境の向上を目指す。
より信頼ある保育所を目指して
学研教育みらい
幼児教室 顧問
池澤純二
共働き家庭の増加などによって育児のあり方も当然変化してきて・・・

保育分野の豊かな経験

学研では保育をサポートする雑誌・MOOKを多数出版しています。その経験やノウハウを活かし、保育園などの第三者評価にも役立てています。 詳しくはこちら>>
こどもと ピコロ 012歳の保育